柔道整復師&理学療法士、診療放射線技師を目指す!ホームへ

診療放射線技師について

イメージ写真

まだまだ認知度が低い診療放射線技師

私たちの生活で診療放射線技師を聞くことは少ない。まぜなら病院に行っても診療放射線技師の〇〇です、などと言った自己紹介を受けることがないからだ。そんなときは病院のいちスタッフとしての認識であるかた思われる。
ただ、病院にかかった場合、放射線技師に会う機会は多く、ただそれを知らないだけである。
文字通り、人の体に放射線を照射出来るる専門職であるが、その業務は診療放射線技師に限られるものではないことを付け加えておこう。実は医師や歯科医師もその業務を行うことがで来るため、完全な独占業務ということではないのだ。
ただ、技師の需要は低くなく、医師を補助する、もしくはより専門に優れている技師に放射線照射は任せるといったことが考えられ、今後ますますその専門職たる能力に注目が集まる可能性はある。
これから目指そうと考えている方は、信念を持って取り組めばきっと道がひられることになるであろう資格のひとつであると思われる。診療放射線技師の専門学校で学んだことを発揮し、多くの人の健康を守っていただくことを切に願うばかりである。

人体に放射線を照射する専門職であるがゆえ、非常に高い専門技術が必要である。 MRI装置、エックス線CT装置、医用電子加速装置などの安全な管理と技術はもとより、ラジオアイソトープの投与法、関連の法令を理解しておく必要があり、学ぶことは多岐に渡る。 また、悪性腫瘍などに放射線治療が用いられるが、診療放射線技師は専門知識と技術を総動員して治療に寄与すべく日々よりテクニック、知識の補充、議論によって安全性と治療効果を高めていかなければならい。 人は強固ではあるが、弱いものであることを認識し、”絶対”はないという心構えで、患者の立場に立った思いやりの精神も必要であり、助けが必要な多くの人々を守り、疾病からの脱却を図っていくことが求められるのである。


本日の診療関連リンク

人生を共にするという意味
長く一緒にいると当たり前に感じる結婚。結婚指輪をはめたときから始まった人生の旅。さて、どうなるのであろうか・・・
渡邉美樹さん
今回は、「渡邉美樹の勝つまで戦う 超常思考」という書籍です。2009年7月に出版されています。どんな時代でも絶対にぶれないための思考の軸をはじめとして・・・
理学療法士
理学療法士を養成する理学療法科をはじめ、柔道整復師・鍼灸 師・診療放射線技師・看護師を育成する専門学校。