柔道整復師&理学療法士、診療放射線技師を目指す!

イメージ写真

世の中には様々な資格があり、専門職があるが、最近に耳にする専門職に柔道整復師理学療法士、診療放射線技師、鍼灸師などを聞いたことがあるのではあにだろうか。
学校が多くなり、周りでも目指すという人がいるかも知れない。私が在籍していた学校では当然のことではあったが、それ以外でも目指そうと言う人に多く出会った。
専門職であるがゆえ、授業では非常に密度が濃く、内容も難しいが、学校で学んだことは一生の宝だと思っている。毎日、勉強の日々に暮れることになるが、近い将来活躍で場が与えられることに喜びを感じて様々な技能を身に着けてもらいたいと願うばかりである。
柔道整復師や鍼灸師は、起業の道も与えられており、整骨院を開業できる。将来、独立したい人にとってはうってつけの資格なのである。
理学療法士は、基本的には病院等でリハビリを担う専門職であり、多くの人の機能回復・改善に貢献できる社会的責務のある仕事である。
診療放射線技師は、医師や看護師をサポートし、より専門に特化した放射線を扱う専門職として活躍の場が用意されている。
どれもやりがいのある職務であるが、それがなぜなのか、そして将来について伝えていきたいと思う。
理学療法にしても同じである。療法士の場合は、病院やクリニックなどのリハビリ科における地位を確立している。しかしなから、その他への就業となると現状なかなか難しいところである。
理学の知識を必要としているところはどこか、この点についても考えていきたいと思うのである。

理学・診療コンテンツ

柔道整復師について

柔道整復師とは、捻挫・打撲・骨折・脱臼の治療を行うことができる専門職で国家試験に合格した者が業務を行うことができる。これらの治療は、柔道整復師と医師以外が行うことができない業務独占資格である。
独立志望者の中には同時に鍼灸の資格を取得し、接骨・鍼灸院として開業する人もおり、複数取得により将来の安定成長に付加価値を加える傾向が見て取れる。

理学療法士について

理学療法士は、医師の維持のもと理学療法を行う専門職で身体機能の障害、脳卒中による麻痺、循環器、呼吸器疾患など身体に障害を持つ人に対して基本的動作能力の回復を図るリハビリテーションのプロである。

診療放射線技師について

本来、医師によって行われていた放射線による治療であるが、技術の高度化に伴い専門職化されたのが診療放射線技師である。業務に関しては、診療放射線技師法第2条第2項によると、「厚生労働大臣の免許を受けて、医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射することを業とする者」であるとされている。なお、診療放射線を照射できるのは、技師、医師・歯科医師のみと規定されている。


本日のおすすめ

診療放射線の技師を目指す
放射線を活用した検査や治療を仕事して活動する人を「診療放射線技師」と言います。元来放射線治療はドクターによって行われていましたが、技術の高度化に伴い専門職としての職業が生まれました。
理学療法士
理学療法士とは厚生労働大臣が定める医療国家資格の一つで、リハビリテーションの中核を担う職業です。主に病院や介護老人保健施設、在宅医療などで医師の指示のもと、身体に障害のある方に対し・・・
柔道整復師
柔道整復師とは医療の国家資格の1つで、一般には「整骨院」「接骨院」の先生として知られている職業です。・・・